天才哲学者・マルクスガブリエルの直言「『モラル企業』が未来を決める」

資本主義には悪の潜在性がある 資本主義は労働の役割分担を利用して、「一人の人間が、もう一人が何をしているか知らない」という事実を価値に変換します。
この人は自分が何をしているか知らないという視点から、あなたはいくら金額を請求することができるか計算します。
資本主義に透明性が担保されることはありません。
それを理由に、多くの民主主義派の理論家が「人を逆の方向に引き込もうとする」と資本主義を批判します。
必要なのは、生産状態を左右する資本家に、民主的な思考訓練を受けさせることです。
現状とは違うモデルになるでしょう。
エコカーの生産台数、車のデザイン、どの業界の株を買うか、こういった判断を倫理学者たちが「ああ神よ、これを実行すると、私は200もの人間を殺めてしまう!」と叫ぶからです。
「これを実行すると車の価値が上がるが、(サプライ)チェーンの末端にいる者は死ぬ」という可能性を考慮に入れていません。
我々は倫理学者も資本主義を批判しているからです。
資本主義はある意味、避けられません。
すると彼らは「そうだね、やはり廃止しなければならない。」
なぜならそれは、マグロを切るナイフをどこで調達するのか。
夕食にありつくことができません。
でも実際は正しくそれがなされていないのです。
これは近代化の偶発的な副産物なのです。
我々にはcommunism(共産主義)と呼ばれていました。
それもいい考えだと思います。
収入の増加ではなく、モラルの進歩を目指すのです。
提供したのはその逆です。
そうやって彼らは儲けたのです。
それこそが資本主義の危機を解決する方法です。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“「『モラル企業』が未来を決める」天才哲学者・マルクスガブリエルの直言”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

クーリエジャポンのマルクスガブリエルの邦文が興味深かった。「より倫理的な生活を送っています。これが、妙なことにこの新たな状況を感じている理由の一つです。」「ウィルスの脅威を感じつつも、すべてがストップした今、一種の安堵感を覚えている」

【対談:新東京都知事 山本太郎✕ドイツの哲学者 マルクスガブリエル】この科学反応をみたい 山本太郎マルクスガブリエル倫理哲学

マルクスガブリエル「世界史の針が巻き戻るとき」 「意味の場」とは、 意味=物差し 場=その物差しで計った結果 で正しいですか? つまり、30cm物差しで測れば、15cm 意味: 30cm物差し(測定方法) 場: 15(結果) inchなら結果は6 意味によって結果は変わる。解釈によって、結果は異なる。

もっと深く「新しい実在論」を知り、世界で起きている危機について、それをふまえて自身の頭で思考したくなる 世界史の針が巻き戻るとき マルクスガブリエル 哲学 話し方 読了 読書 読書好きな人と繋がりたい 読書記録 読書好き 読書ノート 本 読書メモ 読書垢 本好きな人と繋がりたい

ちょうど今カールマルクスが100年ちょいですけど100年前なんか資本主義?経済学?わけわかんねー!だったでしょうね。 現代のマルクスガブリエルのネットにおける個人のあり方、100年後に解説本を読んでみたいもんです! ネットの倫理観、人の距離感も今より固まってるでしょうね哲学者のお陰で😄

現代哲学って難しすぎません?😅 マルクスガブリエルとかもう世の中のsnsやネットでの個人のあり方や… 哲学は俺なんかが理解するのって本人が亡くなって研究者が噛み砕いて本にしてやっと俺は楽しめます笑 今のところ生きてる哲学者は考えも変わるので普遍ではなく生きてる間は思想家なイメージっす笑

マルクスガブリエル なぜ世界は存在しないのか 100%は理解できてないけど、面白い本でした

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。