「38人が命を絶った」リアリティー番組のヤバい実態「テラハ」打ち切りへ

「海外では『リアリティーTV』という呼称が一般的ですが、これまで多くの出演者が自死を遂げていることはあまり知られていません。」
同番組については、フジテレビと制作会社、Netflixの3社で協議を行うとの報道があったが、もはや打ち切りは避けられない状況だ。
それでも、注目を集めているうちは、まだ自尊心を満たすことができるかもしれませんが、問題はその後。
「特にアメリカの「リアリティーTV」は、制作サイドが「とにかく目立ちたい」という出演者の心理につけこみ、特殊なキャラクターを押しつけることは珍しくありません。
また、出演期間中に精神に変調をきたすケースも多く、精神安定剤を服用して収録に臨んでいたことを明かす出演者を貶める事で視聴率を稼ごうとする風潮が蔓延しているようです。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“「テラハ」打ち切りへ「38人が命を絶った」リアリティー番組のヤバい実態”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

<独占>ZOZO創業者・前澤友作が初めてメディアに語る「ひとり親」向け新ビジネス きっかけは「貧困のリアリティー」感じたツイート 〈AERA〉(AERA dot.)

リアリティーってのが、現実っぽいってことなのに、現実そのものだと思い込んでテレビ見てる人がいて、めんどくさい

■テラハ、リアリティーショー →リアリティ風番組 ■ザ・ノンフィクション →ドキュメンタリー風番組 って訳だな。 いずれにしろ、切り取り方により趣旨を変えることができるし、何かしらのナレーションを付ければ演出になる。 カメラを回して無駄な所をカットするんだから創作か??

HIPHOPにありがちなMVの為に持ってもいない車や豪邸、ギャル使うのも見た目がいーし、夢を与えるって観点からは分かる。 でも自分たちの遊び方をありのまま 撮ればそれで時代の先端。 ってのがカッケーし理想。 商売に忙しいHIPHOPはいつの間にかリアリティーを忘れてる。

<独占>ZOZO創業者・前澤友作が初めてメディアに語る「ひとり親」向け新ビジネス きっかけは「貧困のリアリティー」感じたツイート 〈AERA〉(AERA dot.) 弁護士と手を組んでるピンハネビジネスの癖に

ノンフィクションでも過剰演出があったのならリアリティーショーのテラスハウスも演出以上のものがあったというのが妥当!他人のフィルターがかかっている以上、報道だって一定の演出があると考えなければいけない!

そんな事態の対処法って「逃げるか殲滅するか」な訳で、殲滅するとしたら相手が人間のママじゃ色々まずいからモンスターにする訳でしょ。 アメリカ人にとっては、日本人には想像できないレベルでリアリティーのある事態なんだろう、アレは。

‟バーチャル・リアリティー”の存在です。人間も、宇宙の波長、磁場の振動によって変わるのですね。真空とは、空っぽと考えていましたが、全て満たされてても見えないという電磁的なアクセスが具わって来る。

日に日に状況は悪化する一方。 目に見えないリアリティーは すぐそこにまで来ているぞ。 愛する人たちよ… 死ぬな!そして、死なすな!

リアリティーで代理ちゃんのアバター作って遊んでいた 髪型いい感じのないなぁ

深い海の底に横たわる そのリアリティーをなぜかボクは知っている この海が 自分の意識であることも知っている 横たわる目的が エネルギーチャージであることも

『激動の昭和史 決戦沖縄』、エンタメ作品に仕上がりすぎてて、楽しめて観てしまえることがしんどかった。どこまでリアリティーがある作品かはわからないけど、実際はもっと悲惨だったんだろうな……。沖縄県民には安易にお勧めできないな、俺は。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。