なぜ、日本政府が作るソフトウェアは使えないモノばかりなのか?

先週、「雇用助成金のオンライン申請を停止 開始初日にトラブル」という報道がありました。
厚生労働省は20日から運用を始めた「雇用調整助成金」のオンライン申請でシステムトラブルが発生し、受け付けを停止したと発表した。再開のめどは立っていない。(中略)

厚労省が調べたところ、同じタイミングで申請した人に同じIDが割り振られ、先に登録した人の氏名、携帯電話番号、メールアドレスなどが見られるようになっていた。パスワードや給与情報も見られるようになっていた可能性があるという。
「同じタイミングで申請した人に同じIDが割り振られ」という部分がとても重要で、まともな人がソフトウェアの開発に関わっていたら、決して生じないようなミスです。
つまり、よほどの「構造的な問題」がない限りは、こんなバグが見逃されるはずがないのです。
日本のソフトウェア作りの構造的な問題に関しては、私は随分と昔から指摘し続けていますが、全く改善される様子はありません。
ちなみに、こんな状況を打破する、とても良い方法を提案したいと思います。
それもこれまでのような(実績がある会社の中から、一番安い見積もりを出した会社が受注する)競争入札ではなく、実際にある程度動くものをソースコード込みで提出してもらいます。
また、リモートワークを可能にするために、仕様書の作成、公募、開発の全てから会議(オンライン会議も含めて)を排除し、全てのコミュニケーションをSlackもしくは相当するサービスを利用した非同期の文字によるコミュニケーションで行います(そしてこれが議事録として残ります)例えば、予算1億円のプロジェクトであれば、公募時の報奨金3,000万円(1,500百万円づつ、ぐらいのイメージです。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して『なぜ、日本政府が作るソフトウェアは使えないモノばかりなのか?』を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

妊婦休業補償 も 一斉休校に伴う補償 も、コロナ対応で創設された休業補償だが、どちらも事業者申請がネックになっている。 雇用調整助成金の 個人申請 と同様の対応を求めているが、難航している ○雇調金→働きたくて仕事がない人の休業補償 ○妊婦&一…

今日は朝から事務所に社労士さんが来てて、雇用調整助成金の申請について話してたんだけど大変そうだよね。 ここコロナ禍中で注目された職業の一つじゃない? 申請に対しては保証人になるのと同じような意味合いがあって士業の人って割に合わないかもなと思った

うちの顧問先様は、レスが遅くてあまりに法律しらなくて困るとこがポツポツあるけど、コロナの影響で給料出せませんということが一件もないので、雇用調整助成金とか算定の特例とかぜんぜんない。楽なんだけどあたしのスキルは停滞。経験値上がらない。 いや、いいことなんだけども、商売繁盛。

そういうこともあるかな?とは思ってましたが、貸事務所のテナントさんから半年間家賃減額を求められました。各種助成金を受け、雇用調整もしているとは書いてあったので、仕方なく要求額を丸飲みではなく少し下げて貰って折り合いを付けました。コロナ恐るべし。

国全体の働く人の支援制度は網羅的です。 従業員 休業手当あり: 雇用調整助成金 なし: 雇用保険あり: 感染症対応休業支援金 なし: 特別給付金 自営業者 事業収入: 持続化給付金(現) 給与・雑: 同上(新) 夜職の女性も、ご自分がこの…

国全体の働く人の支援制度は網羅的です。 従業員 休業手当あり: 雇用調整助成金 なし: 雇用保険あり: 感染症対応休業支援金 なし: 特別給付金 自営業者 事業収入: 持続化給付金(現) 給与・雑: 同上(新) 夜職の女性も、ご自分がこの中のどこに当たるかを確認して行動してみてください。

雇用調整助成金でなんとか雇用を維持してますが、企業側が持ち堪えられなくなると、休業者の解雇に手をつけ始める可能性が高い。 すると休業者は失業者になる。所得が急減し、社会保障費が増大、消費が底割れし、企業収益が…

どこの雇用調整助成金のエクセルだ……ちなみにこれ印刷も変に行が飛び出して印刷枚数中途半端になるのよね。これの6月までのエクセルはそんなことなかったのに、様式ちょっと変わったらこんなところにずれが。

ちなみに休業者や雇用調整助成金で休んでいる人は就業者にカウントされています。統計局に確認しました。 ですので、本当に働いている人(就業者−休業者−雇用調整助成金受給者)はもっと少なくなっているはず。一時的な隠れ失業者を含めると、失業率は6-…

日本の失業率は2.6%と低い。しかし失業者178万人に対し「休業者」が652万人。潜在失業率は11%になる。政府が雇用調整助成金を出し、雇用を繋ぎ止めるからだ。不況が短期間でかつ産業構造が変わらないなら、それもいい。しかしそうではないだろう…

仕事無いなら休ませておきゃいいのに。 雇用調整助成金も100%支給になったんだし。 仕事無いなら、昨年より売り上げ高いなんてことも無さそうだし

そういう会社のために雇用調整助成金なんていう神制度があるんですが、それ使っても間に合わないぐらい当面の資金がないんだと思います。場合によっては融資も断られますし。

新型コロナでの解雇・雇い止めが2万6552人。さらに増えるとの見通しも。今回は特殊事情。失業保険だけではなく、国からの雇用調整助成金等に加え、更なる保護も必要です。 解雇・雇い止め 解雇 新型コロナウイルス 雇用保険追加給付 雇用調整助成金

雇用調整助成金のオンライン申請、6月5日に再開できたと思ったら再び停止した訳だが、知らないうちに再開しているかなと見に行ったら、まだ停止中だった…。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。