中国、コロナ治療に「熊の胆」薬推奨ー各国の環境保護団体が反発

二日酔いや食欲不振など消化器系の万能薬と知られる「熊の胆(くまのい)」の使用を巡り、各国の環境保護団体が反発している。
中国政府の衛生健康委員会が今年3月、新型コロナ感染症の治療方法を例示した文書を公表した。
奈良時代、遣唐使が日本に伝え、江戸時代には消化機能を改善させるといった万能薬として大衆に広がったとされる。
IUCNは、中国では熊の胆や食材需要がある手のひらが目当ての密猟が大きな脅威だと指摘する。
ツキノワグマは体長約1・5メートル、体重40~130キログラムで、日本国内では本州や四国に8400~1万2600頭が生息している。
新型コロナの感染が広がっていた2月、中国の動物保護団体の関係者は、熊の胆が入ったものを外すことが望まれると強調した。
絶滅の恐れがある動物の体の一部や製品の取引を禁止すべきだとしている。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して『中国、コロナ治療に「熊の胆」入りの薬推奨 各国の環境保護団体が反発』を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

飲み過ぎにも効く熊の胆が向こうから来ましたね!!

吐き気の方は熊の胆飲んだら少し軽くなりました やっぱすごい

彼らの食材は犬猫どころじゃないですもんね。 熊の胆汁や猿の脳、双脚羊など日本とは違い過ぎてもう異世界のようです。 他国の食文化を否定は出来ませんが、せめてペットの盗難は辞め苦痛の少ないトサツ方法や衛生的な環境を整えろと思うのですが衛生観念も壊滅的過ぎて。

富山県の県獣、ニホンカモシカでもいいけどツキノワグマでもいいんじゃ? 熊の胆がらみで。

育った田舎には 熊の胆(くまのい) と謂われる胃薬が有り申して 此れが苦くて 先程のは「熊の胃」ではなく 「熊の胆」です。訂正してお詫びします🙏 読み方は「くまのい」です。

熊の胆飲んだら少しマシになった気がする。漢方しゅごい

同国でも少し前、熊の胆の代用になるとの風説でヌートリアの生き胆を食べる民間療法が一部で流行したことがあったが、韓国や日本でも治療薬や一次医療のレベルを過信せず、中国の失敗から学んで野生動物との接触や解体、調理などに関する衛生面の用心は今一度…

そういえば、前にもその話を聞いたことがありました。 欧米などの熊の胆も買われているらしいです。 「自然の物の方が良い」という発想なのでしょうが、放射性物質もそうだし、ジビエの汚染は要注意だと私は思います。 キノコもベリー類も美味しいものが汚染されてるし・・・

それと、熊肉が高値で売れるとか、熊の胆が高く売れるとか、駆除は金儲けできるとか 熊森協会 の印象操作により熊可哀想の皆様方の中にも誤解してる方も居ますがそれは幻ですね。なんなら証拠見せましょうか?1回の駆除の参加が幾らになるかとか、年間で市の方から貰えるお金とか… どーです?

漢方も、原材料の質や安全性がどれだけ確認されているのか?が個人的には心配。 人口が増え、消費量も増え、天然の材料は汚染や枯渇もあるでしょうし栽培ものに他の問題があるかもしれないし、熊の胆系は乱獲や野生動物の各種の汚染の問題も。

朝からお腹が痛い... そんな憂鬱を剛腕で払ってくれそうな看板です。熊膽木香丸は江戸時代からあり、熊の胆を材料とするにがーいお薬。鬼は病の象徴として表されることが多いのですが、ここでは腹痛に立ち向かう頼もしい存在として表されています。これを飲めば、鬼に金棒!! 館蔵品紹介

はわっ 差し入れは胃薬必須ですね。 んー、やっぱり『熊の胆』が最強かなぁ(笑)

タッグスキル『つるぎ』じゃなかったー。 (そりゃそうじゃ) ※つるぎ 北.陸新.幹線富.山〜金.沢間のみ走る新幹線の愛称。 大.阪行きサンダーバード連絡用の意味合いが大きい。 が、金沢行くのにわざわざ新幹線ってのもね。 とは親戚のセリフ。 熊の胆もあるよ(祖父勧め)。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。