米軍が「サイボーグバッタ」実戦投入、バッタが死ぬまで使い倒す!? バッタの半端ない軍事ポテンシャルとは!?

死と隣り合わせの戦場においては、設置された爆弾や地雷の存在にいち早く気づかなければならない。
地雷は別名「貧者の兵器」ともいわれ、安価でありながら殺傷能力が高いことから、今日においても紛争地では大量に使われている。
米セントルイス・ワシントン大学の研究チームが2020年2月に「bioRxiv」で発表した研究では、バッタに極小のトランスミッターを装着して“サイボーグ化”し、その優秀な嗅覚能力を“ジャック”して爆発物の存在を即座に検知する技術が紹介されている。
イナゴやバッタの爆発物探知能力をテストするために、主要な爆弾の原料であるTNT(トリニトロトルエン)とDNT(2,4-ジニトロトルエン)の蒸気を含む、さまざまな爆発性化学物質の蒸気をバッタの触角を爆発物探知能力をテストするために、主要な爆弾の原料であるTNT(トリニトロトルエン)とDNT(2,4-ジニトロトルエン)の蒸気をバッタの触角に吹き付ける実験を行った。
さらにバッタの触角葉に電極を埋め込んで検分してみたところ、爆発性化学物質にさらされるとニューロンの異なるグループが活性化されることを研究チームは発見した。
ではこの爆発物を検知した信号をどうやって人間側が知ることができるのか。
この機器を背中に背負ったバッタは爆発物の検出を最大7時間、疲労して最終的には死ぬまで続けることができたという。
さらに研究チームは、実際の応用では化学物質が風などの環境要因によって分散される可能性があることを考慮し、複数のバッタの検出精度は60%ほどなのだが、7匹のバッタからの感覚情報を組み合わせると検出精度は80%にまで上昇することも突き止められた。
今後の研究では、複数の臭気から疾患を特定することがバッタの爆発物検出能力をテストするということだ。
バッタやイナゴの持つ計り知れないポテンシャルにかつてないほど注目が集まっているのだ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して『米軍が「サイボーグバッタ」実戦投入、バッタが死ぬまで使い倒す!? バッタの半端ない軍事ポテンシャルとは!?』を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

キレイな機体ですね、映えるわー*。・+(人*´∀`)+・。* 個人的意見ですとシーマ様は卑怯な手をも普通に使う策士ですから、敢えて目立たない朱にしたと思います。 勿論戦場的に考えるとリーダー機体だし目立つカラーリングも正しいとも思います(*-ω-)ウンウン ん?なんだありゃ?バッタか?

顔に虫飛んできた。 バッタみたいなやつだった。 私の中の何かが失われた。

要するに、セックスって、バッタやコオロギだと死んでしまうくらいのエネルギー消費らしいので、そうなのでは???

[バッタ大量発生が招く食糧危機] ・日本も対岸の火事ではない

バッタ(飛蝗)は、バッタ目(直翅目)・バッタ亜目 (Caelifera) に分類される昆虫の総称。イナゴ(蝗)も含まれるが、地域などによってはバッタとイナゴを明確に区別する。漢字表記では、「螇蚸」、「蝗虫」や「蝗」とも。英語ではGrasshopper。

ナイズル、獣でやるとシーフと比べてすっごく楽でいいなあと思う インスニ一度もしないで、次の階層でもすぐ爆走してたもの。バッタも地形に引っかからないし!  インスニなしで絡んできたモンスターは、頃合いをみて適当にテグミナ。どんな雑魚も一度で死ぬ。念のためカット装備でマラソンしてる

メイカさんからの続報 : 日本や世界や宇宙の動向 中国にバッタが数億匹襲来 食料危機に警戒

おんなじユニオンで毎日二万くらい積んでくれるサイフリートのバッタモンはまだですか

『バッタを倒しにアフリカへ』でおなじみの昆虫学者・前野博士が、今回のアフリカでのバッタ大発生について解説。ケニアでは70年に1度レベルの蝗害であり、長く被害がなかったことで対策が不十分だったと。「バッタ対策で一番大切なのは風化させないこと」という言葉…

それにしてもバッタ、大火災、ウィルスと神罰めいたディザスターに(単独ならまだしも)一気に来られると、うっすら「人類…終わるのか…?」という不安が頭をよぎりそうになるが、いずれのケースに対しても4枚めに書いた「人間の知恵」(科学のことです)を信じたいと…

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。