【統合失調症】ボルトン氏著書に韓国が激怒する理由

隙間風が吹いている米韓関係が、「話題の本」で、さらに冷え込むことになりそうだ。
仮にボルトン氏は、韓国側の交渉相手だった鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の発言をやり玉に挙げた。
ハノイ会談決裂から数日後、鄭氏は「金正恩氏がハノイ会談にひとつの戦略しか持ってこず、「プランB」がなかったことには驚いたなどと伝えてきたという。
その中で伝えられた文氏の非核化構想を「統合失調症的」と、こきおろした。

金氏が(編注:核関連施設がある)寧辺(明確に定義されたことは一度もない)を除去しようとしていることはきわめて有意義な第一歩で、北朝鮮は非核化に向けた不可逆的な段階に入ったことを示している、というのだ19年6月に板門店で行われた3回目の米朝首脳会談をめぐっては、露骨に「韓国外し」を考えていたことも分かる。
会談は、トランプ氏が韓国訪問に際して突然ツイッターで呼びかけて実現したもので、ボルトン氏は乗り気ではなかったとされる。
結局、板門店に着いたトランプ氏が南側から軍事境界線を越えて北側に入り、後にトランプ、金氏がそろって南側に移動。
回顧録について「韓国と米国、そして北朝鮮の首脳間の協議内容と関連した状況を独自の視点で見たことを明らかにしたものだ。」
韓国は「かなりの部分の事実を大きく歪曲した」と非難しているが具体的な反論はしておらず、どこを「歪曲」と主張しているのかは明らかではない。
脱北者団代によるビラ散布問題で、北朝鮮が開城(ケソン)工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破するなど、南北関係も冷え込んでいる。
こういった対応には、「どこからボタンをかけ間違えたのか、何が誤ったのかを確認して見直すのが正しい」(中央日報社説)といった、韓国政府のさらなる説明が必要だとする声も出ている。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“ボルトン氏著書に、韓国がここまで怒る理由 「仲介者」の実態が赤裸々に…”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

トランプ大統領の「異常さ」とは-。英誌「エコノミスト」元編集長のビル・エモット氏がボルトン前大統領補佐官の「暴露本」から考察しました。

最新6/30(火)収録【長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#9】”特別編”『ボルトン暴露本 これでわかった!トランプ政権のリアル』 より

ボルトン元補佐官も暴露😹😹😹 元衆議院議員金子恵美氏も暴露 🤣🤣🤣どんどんやれやれ 全て曝け出せ!自民党のは不正選挙あばいたれ‼️

Mr.ボルトン:ひとっ走りしてこい。 トロイ:嘘でしょ? Mr.ボルトン:こいつに乗るのは俺だと思ってたのか?

こんな記事をたまたま見つけた。ボルトン本では、トランプはガールフレンドに振られそうになったら、振られる前に振るタイプと書いてある。米富豪トランプ氏、2012年大統領選不出馬を表明 | Article [AMP] | Reuters http…

韓国大統領特別補佐官「我々から見ればボルトンは悪人、安倍はもっとも醜く、トランプはよい人」と発言……なに言ってんだかな

おや?ボルトンさん、指輪してますね。カレッジリングかな? 青っぽい石が。

日本の外交は、ボルトン氏から一定の評価をされている様

ボルトン本を自慢話を避けるのに疲れながら北朝鮮編までは…気分転換にNetflixの女刑事マルチェラの新シリーズ観始めたら…うわ、おもしれぇ!アイルランドマフィアってのがまた…乱暴だなぁ。

韓国大統領特別補佐官「悪人ボルトン、醜い安倍、よい人はトランプ」 | Joongang Ilbo | 中央日報 日本に喧嘩売っているよね。

なお、渡米は横田滋さんたち拉致被害者と同行。2000年から拉致被害救済活動も取材してきた。拉致集会にも何度も参加して取材した。ボルトン本なんぞ、発売日にキンドルで買っている。 その積み重ねとして、政府の無策を痛いほど感じる。

ボルトンさんのバイデン氏の大統領就任を望んでいない事の意思表明と認識しました。

なお、渡米は横田滋さんたち拉致被害者と同行。2000年から拉致被害救済活動も取材してきた。拉致集会にも何度も参加して取材した。ボルトン本なんぞ、発売日にキンドルで買っている。 その積み重ねとして、政府の無策を痛いほど感じる。 https:/…

ボルトン氏は「中国が韓国に対して過去のTHAAD(高高度ミサイル防衛シ ... リンク: タ グ:韓国トランプ大統領 ボルトン氏 中国 報復 経済報復 過去 韓国 高高度ミサイル防衛システム

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。