機密解除された「5G研究論文」の内容に戦慄!「人体の生物学的損傷は避けられない」

これらの報告書は当初、機密情報とされ、2012年に解除されたが、そこには驚くべき結果が記載されていた。博士はこう述べている。
「この報告書を読めば、世界における5Gテクノロジー推進を即座に中止する必要があることを素早く理解できる。少なくとも誰かが、このテクノロジーが安全であることを合理的な疑いを超えて明確に示せるまでは」(バター博士) この報告書は、このように結論付けられている。「実施された研究は、生物への高い生理活性(化学物質が生体の特定の生理的調節機能に対して作用する性質)、そしてミリ波周波数の生物への悪影響を示している」(報告書より)報告書にある「ミリ波周波数」は、5Gテクノロジーで使用されるものと同じである。
この部分を簡潔に言い換えると「ミリ波の周波数は人体に悪影響を及ぼし、露出が長ければ長いほど、発生する損傷が多くなる」ということだ。5Gはミリ波を使用し、どこにいても一定の周波数を発するべく設定されている。
そして驚くべきことに、この技術は日本の空港にもある「ミリ波パッシブ撮像装置」で使用されているものと同じらしい。この機械に関しては、欧米ではここ数年、懸念の声が出ている。米国では、これらの装置の使用を拒否することが可能らしい。
バター博士は「今は5Gの危険性を理解し、5G展開の中止に取り組むのに重要な時期だ」と語る。昨今5Gに関し、欧米で反対運動が高まっている。そして、そこに新型コロナウイルスをからめた陰謀論も登場した。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“機密解除された「5G研究論文」の内容に戦慄! 「人体の生物学的損傷は避けられない」著名学者が廃止を訴える!”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

だいたいあってます。燃料電池車は2000年代、前半からスタートし、まだ実用化には至ってないです。 自動運転はCAN通信を用いてアクチュエータや統合制御のおかげで飛躍的に進歩しました。カメラはミリ波レーダー等もその一助になってます。

マスクのし過ぎと5Gの殺人電磁波の影響もかなり大きいと思います!世界中で! 地球の磁気活動とミリ波 5Gは干渉や誘発を引き起こすのかな?

「一方で、可視光やミリ波、その他の電波は非電離放射線と呼ばれ、分子結合を破壊することはない。従来の放送用周波数帯よりは高い周波数だが、可視光ほど高くはなく、短波紫外線やX線、ガンマ線など、電…

まだコロナウィルスなんて言ってんですか? コロナ禍なんて、単なる電磁波障害ですよ。 第二波?ミリ波運用の6月になれば、もっとヤバいかもねー

頭痛、大丈夫でしょうか?? 念のためですが、 画像は SSID一覧(ネットワーク名)だと思いますが、 無線通信規格でIEEE802.11a(またはac)が使う周波数帯は「5GHz」です。 それでSSIDの末尾が「5G」かもで…

ミリ波とかカメラの設定ならともかく、これを車両からやらせない意味が分かりませんねー😅

月給823万円で5G📡基地局設備を 全力で急ぐ殺人組織の安部、麻生 幼稚園や小学校に5G📡多数設置 大阪は10月に電車🚃に5G設備 信号機🚥は全て5G📡基地局に 5Gから60GHZ📡にスイッチONで 一瞬で人類殺害…

5Gの展開がされてるだけで 実際ミリ波の設備はまだそんな建てられてなくて 今飛んでるのは従来とほぼ変わってないんじゃなかったっけ? 知らんけど

中距離多目的誘導弾 対戦車・対上陸用舟艇ミサイルシステムとして開発。 高機動車にミリ波レーダー・光学誘導システム、6連装伸縮発射装置を搭載。 104セットが調達され、普通科連隊本部管理中隊対戦車小隊などで運用。

フロント。(右端が今回製品) ミリ波レーダーと青色LEDのデイタイムランニングランプ(?)もしっかり印刷済み。 ワイパー下の塗り分けの違いは詳しくないので分かりません。

Xperia 1 II は5G対応だが、5Gのミリ波というのに未対応ということで迷いましたが、今のスマホが古くて悲鳴あげているのでポチりましたわさ 5Gはリモートワーク中で全く活かせる気がしないですが、ワイヤレス充電が楽しみっす

ミリ波なんてもうそういうとこでしか価値見いだせないわねw

ついでに5Gのミリ波のスポットおいちゃったりしませんか!

BOSCH製のミリ波レーダーっぽいけど、0発進出来ないならクルマで言うとまだ第1世代だな

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。