10万円で拳銃入手できる「ダークウェブ」の闇

月曜日の朝8時頃、「パンッ」という乾いた音が、東京・八王子の住宅街の一角に静かに響いた。
警察はすぐに自殺と判断しました。
外務省に勤める公務員だったという父親は2年ほど前に病気で他界したという。
「悩んでいたのかもしれませんね」(Tさんを知る関係者) 何より世間を驚かせたのが、普通の高校生だったTさんが拳銃を所有していたということだろう。
アメリカの銃器大手「スミス&ウェッソン」社製で、銃身が銀色のタイプ。
過去に銃器の売買に関わったことがあるという暴力団関係者によると、「最近の拳銃の相場は1丁で50万~70万円だという。」
Tさんが日本の闇マーケットから入手した可能性はほぼゼロだと判断できます。
グーグルやヤフーなどの検索エンジンでは見つけることはできず、特殊なツールを使って初めて辿り着くことができる。
規模が大きく名前が知られているもので、20~30ほどあるでしょう。
「出品者とのやり取りは、普通のフリマサイトと同じです。」
「ためしにアメリカから出品されている外国発送用の拳銃を見てみると、10万円ほどと安いものから100万円を超えるものもあってピンキリです」(ダークウェブに詳しい専門家) 
「いまやインターネットの知識と10万円ほどと安いものから100万円を超えるものもあってピンキリです」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)だという。
ダークウェブ上での英語でのコミュニケーションもできれば、本物の銃を入手することなど、たわいもないことだったのかもしれない。
Tさんの拳銃自殺の背景には、底知れない“闇”が広がっている。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“15才少年自殺 10万円で拳銃入手できる「ダークウェブ」の闇”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

このスクショは闇堕ちする前のレイレイくんです! ダークウェブのは、よしよししてる方はかわいいけどいきなり走ってくる方の動画はちょっと怖い…

ダークウェブ関連はつべのうさんくさいまとめ動画見るぐらいで十分だわ

ノートン ダークウェブ モニタリング ダークウェブ(闇のウェブ)への情報流出に対抗!あなたの個人情報流出を検知し、お知らせ、アドバイス!ノートン ダークウェブ モニタリング

初めて雨穴さんがおすすめに流れて来た時 俺は見ちゃいけないものを見てしまったって思ったし 誰かが面白半分でダークウェブから転載したんだとも思った。

いや、あの、だから仮想通貨の利用価値をダークウェブに焦点をあてるんじゃなくて 仮想通貨は表のウェブで堂々と広く使えるようにしようよ じゃないと仮想通貨はアングラな物として世間に受け入れて貰えないよ ( ˙꒳​˙ )

ダークウェブ=匿名性の高いウェブだから、必ずしも悪いものだけではないんだろうけどこの記事の書き方は悪意あるでしょうwww

ニコニコにもエロ垢いんのか。何もしてないのにフォロー通知きたから何かと思ったら。載ってたリンク飛んだら案の定出会い系サイト。おい、規制するような法律あるんじゃないのか、ダークウェブとかじゃなくサーフェス上にサイトあるわけだししっかり規制してよ。

個人レベル或いは集団レベルで通信傍受した個人データを悪用した違法行為に対する告訴に対し、警察は、そういった社会全体の秩序を乱す行為があるという前提で、積極的に受理し捜査していくべきではないかと考えている。 「Tor」を使ったダークウェブのネットワークについては利用した事がなく、

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。