【鼠浄土】日本の伝説に登場するネズミのテーマパーク

某テーマパークの人気キャラクターの影響だろうか、ネズミに嫌悪感を抱く人が減ってきた。
俗にいう「鼠の浄土」である。別称で「鼠浄土」「団子浄土」などとも呼ばれており、近年では「おむすびころりん」という昔話で広く知られるようになった。この「ネズミの世界」という概念が文献で出て来るのは、室町時代に成立した絵草子「鼠の草子」であると推測される。
この物語では、京都四条堀川に住む古ネズミの世界と人間界の交流、種を超えた婚姻「異類婚姻譚」を意味している。
どうも、ネズミは「根の国の住人」(根ずみ、根住み、ちなみに根の国とは死者や地下の国)と解釈されており、ネズミを神仏・異界の使いと見る傾向が我が国にはあり、更には富をもたらす“招福的役割を果たす存在”と解釈する概念もある。我々の中で一番メジャーな「鼠浄土」は、人間界や他の世界の住民は、やはり「おむすびころりん」である。
これらネズミの世界は地下にあるという。その世界に関しては幾つか興味深い伝承がある。「郷土研究3巻7号国々の言い習はし(10)」(逸木盛照郷土研究社 1915年)によると、夜に畳の上で手毬をつくとネズミが怒って荒れるとされた。
また、「伝承5号 私は鼠におされている」(村田正夫 山陰民俗学会 S35年9月1日)によると、昭和25年3月下旬午前8時頃、寝ていた人物が何者かに足を踏まれた。死に誘われたような気がした。このような現象を「ネズミにおされる」というようだ。
つまり、ネズミは神様の一種として解釈されており、ニライカナイという海の向こうにある世界からやってきたテルコ神の使いだと言われている。
さらに「団子浄土」は、人間の生活に縁の深い動物・ネズミに、“招福的役割”、“神の使い”という設定を課し、ネズミから鬼に代わるバージョンがあり、こうなると「瘤取り爺さん」に話が変容する。
このように我々は、ネズミの穴を見ることで、“異界への通路”を連想した。そして、ネズミたちが暮らす国を“海の向こうのニライカナイ”、“地下の世界”と夢想し、その世界に行き、幸せになることを妄想したのだ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“日本の伝説に登場するネズミのテーマパーク「鼠浄土」”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

綸太郎「おむすびころりん」 九杜「サンドイッチ直立不動」 颯斗「リア充爆発しろ」 綸太郎「オタク凝縮してろ」 九杜「ヤマザキ春のパン祭り」 颯斗「サトウ秋のご飯地獄」

最近YouTubeでおすすめに上がったギャル語で昔話 おむすびころりんなんだろー思ってみたらクソうけた ずっと聞いてる 元気でる

安曇野おむすびころりん本舗の野沢菜茶漬をご飯に混ぜておむすびに。 具に梅干入れて青紫蘇と海苔で包んだ。 今年のおにぎりアクション(10月開催予定)も楽しみだね🍙

今日の寝かしつけのお話は「おむすびころりん」をチョイス 怖くはなかったようですがちびすけ的には 「ちょっとだけしか面白くなかったから明日は超楽しいやつにしてねママ」となかなかクールでした 4歳児厳しい 爆笑絵本探します

「おむすびころりん」を連想させますが、その後の日本の転落というか没落を予期させる不吉なマジックワードになると思います。

本日のピックアップニュース

本日のピックアップニュース

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。