病になってしまった韓国のファンダム政治文化

朴正煕恐怖政治の被害者たちに対する考慮のない朴正煕崇拝や、朴槿恵積弊政権の被害者らに敵対的であるばかりの太極旗集会の雰囲気同様、自由主義陣営の熱狂的なファンダムには基本的人権意識すら欠如している。
昨年、女性会社員のうちセクハラを経験した割合は14.2%に達するという。
人間の弱さに比べ、人間を腐敗させる権力の力は強すぎる。
ところが、その疑惑と関連した新聞記事やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の掲示板の書き込みを見ると、正当な哀悼を超えて被害者を2次加害する内容があまりにも多かった。
上で引用した女性家族部の調査では、職場のセクハラ被害者が4年でもなく、一生我慢して生きている理由を如実に示している。
私たちは依然として「ミソジニー(女性に対する嫌悪)」と男性の特権が強く働くペニス覇権の退歩的な社会で生きているからだ。
もちろん、熱狂的なファンダムは政治家に限られたものではない。
ファン・ウソクの卵子採取方式における女性の人権蹂躙などの問題は、彼らの眼中になかった。
3年前の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が腐敗と権力の濫用などで弾劾裁判を受けた際、熱狂的な支持者たちは彼女を「イエスキリスト」にまで喩えた。
比較的最近の事例として、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「商売にならない」と訴えた市場の商人の個人情報に関する人権的考慮も、立場や意見の相違に対する基本的な尊重も全く見られなかった。
“味方”の権力者を、想像の中だけでも結び付けて同一視しようとする欲望は当然かもしれない。
それに各種の「パ」を大量生産するのは、原子化し極めて冷笑的な社会での“権威”や“尊敬できる人生の先輩”を見つけることができず、さまよっている新自由主義の弊害が決してなくならないことだけが問題ではない。
熱狂的な支持が一歩間違えば、直ちに人権蹂躙につながるのも、韓国型ファンダム政治文化の問題だ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/Andreyevich.png
Andrey

これはマルコフ連鎖のアルゴリズムを利用して“[寄稿]病理になってしまった韓国型ファンダム政治文化”を要約した結果として生成された文章なんだッ。

https://markov.jp/wp-content/uploads/2020/06/AAMarkov.png
Markov

所詮は人工無能なので無茶苦茶な場合があるぞ。
その場合、元記事を確認してくれ。

Twitter chain

個人的には「これを知らないくせにアニメファンを名乗るな」みたいな論調は好きじゃないんだけど、「本邦のアニメの地層に興味おありですか?でしたら…」って紹介される目録にはほぼ漏れずに名前が載ってる作品だと思うGんダム。

ガンダム富野由悠季監督「オタクだけが喜ぶ声はいらない」「若手声優は流行に汚染されている」→声優ファン激怒

きっとどこのファンダムよりも楽しんでる自信がある。JO1のおかげだよ、毎日楽しすぎるよ。思うように活動できなくてもどかしくて辛かったと思う。売れようね。TOP行こう。 JO1 / STARGAZER / OH-EH…

『おーにしです。ガンダム』 全高:19m 主武装:ファンネル     ツインバスターライフル 特徴:EXAMシステム   可変機構 マイガンダム shindanmaker ちゃんとしたのでち…

本日のピックアップニュース

本日のピックアップニュース

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。